交通事故の後遺症

それなりのスピードで走行する自動車で事故を起こした場合、当事者双方に強い衝撃のかかる可能性は高いです。その結果、大けがをしてしまう可能性は十分あります。場合によっては交通事故に遭ったことで、その後の人生が大きく変わってしまうこともありえます。例えば交通事故によって大けがを負ってしまい、後遺症が残るケースです。その結果、それまで行っていた仕事を続けられなくなって、経済的な損失を被る可能性もあります。

警察庁のデータによると、平成27年3月の交通事故発生数は4万7850件です。その中で死亡事故になったのが313件、負傷者も5万8984人います。これは近年では減少傾向にあります。しかしそれでもこれだけの事故・負傷者を生みます。交通事故そのものは減少しているようですが、死亡事故や後遺障害の残るような案件は増加しているともいわれています。交通事故によって、後遺障害が残るのは不祥事この5%程度といわれています。20人に1人の割合ですから、上のデータを基にすると3000人近い人が後遺障害を負っている可能性があるといえます。

もし交通事故に見舞われて、後遺障害が残った場合、どのような対処をすべきかについて以下で詳しくみていきます。後遺障害が発生した場合には、障害等級の申請手続きも進めておきましょう。自分がいくら注意していても、周りの人の不注意によって交通事故に巻き込まれる可能性はゼロにはなりません。もしもの時のための対処法は頭に入れておきましょう。