後遺障害等級認定とは

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、保険会社にその部分の請求をすることは可能です。ただしそのためには、後遺障害等級認定を受けておかないといけません。後遺障害等級認定を受けるためにはいくつか条件があります。まずは症状固定といって、まだ完治していないけれども今後いくら治療を続けても回復が見込めない状況である点です。また「首が痛い」や「手首に違和感がある」といった症状が残ることもあるでしょう。しかしただ何となくではなく、後遺症の原因が医学的に説明のつくものである、その症状の原因が交通事故と因果関係のあることが認められること、交通事故が原因で肉体的並びに精神的な障害が残っていることなどの条件があります。

後遺障害等級認定ですが、1~14級と細かく段階が分けられています。1級に近づけば近づくほど、その後遺症は重くなります。もちろん等級が上がれば上がるほど、保険会社に請求できる金額も高くなります。

もし交通事故に巻き込まれて後遺症が残ってしまった場合、医者の診断を受けることです。そして医学的に交通事故によって引き起こされた後遺症で、今後治る見込みが低いと認定してもらうことが大事です。後遺症が残ってしまうと日常生活に支障の生じる可能性があるので、取れる保険金はしっかりとっておくべきです。
また、弁護士に相談することで、後遺障害の認定のサポートから慰謝料の請求まで対応してもらうこともできます。