異議申し立ても

後遺障害等級認定の申請をして、結果は自賠責損害調査事務所からしばらくすると通知されます。この認定内容について、納得できないケースもあるでしょう。もし納得できないようであれば、異議申し立てをすることも可能です。しかも何度でも異議申し立てをすることが可能なので、結果が不満であればどんどん申し立てする方法も検討しましょう。

後遺障害等級認定の審査は書類のみの審査になります。ですから例えば提出した書類に不備があった場合、不当な等級認定になることも考えられます。異議申し立てをするときに、自分たちの主張の根拠になりうる資料を追加で提出すると、等級認定が変わってくることもあります。もし異議申し立てを希望するのであれば、前回の提出した資料に不備がないか確認してみるといいでしょう。

もし異議申し立てをするのであれば、できるだけ早めに手続きを進めましょう。というのも異議申し立てをして結果が出るまでに、半年くらいかかってしまうからです。結果的に交通事故の問題が解決するまでにその分、時間がかかってしまうわけです。もし異議申し立てを希望するのであれば、専門家のアドバイスを受けたほうがいいです。交通事故専門の弁護士などに相談して、どのように手続きをすべきか、助言を受けることです。