2種類の申請方法

後遺障害等級認定の申請方法ですが、2つのうちいずれかの方法を選択します。その方法は事前認定と被害者請求です。事前認定とは、保険会社がすべての申請手続きを行ってくれます。被害者請求とは、被害者自らが手続きを行う手法になります。

手間暇を考えると事前認定です。先ほども紹介したように、保険会社がすべての手続きを行うので被害者当人が実際の事務作業を行うことはありません。ただし保険会社にしてみれば、より多くの保険金を支払わないといけなくなるので自分で自分の首を絞めるような形になりかねません。ですから適当に書類を作成される恐れもゼロではないです。また保険会社の担当者がどの程度まで後遺障害等級認定のルールを把握しているかも疑問が残ります。

被害者請求の場合、書類の準備などすべて自分で行わないといけません。ですから手間暇もかかってしまいます。しかし自分に有利なように後遺障害等級認定の獲得のできる可能性が高いです。ですから後遺障害等級認定の請求をする場合には、被害者請求をとった方がいいでしょう。もし自分で手続きをするのは大変・時間がないというのであれば、交通事故専門の弁護士に依頼して手続き代行してもらう方法もあります。